【フィリピニスト 山田麻樹 #3】フェアトレードビジネス起業のきっかけ

フィリピニストとは、フィリピンで“新しい場所・人・自分”に出会った方々のこと。
このコーナーでは、自分らしくオリジナルの人生を歩んでいらっしゃるフィリピニストをご紹介します。

フィリピニスト001 山田麻樹(やまだまき)

1985年生まれ。熊本県出身。立命館アジア太平洋大学卒。
大学時代にボランティアで行ったフィリピンで、”何もないところに幸せを生み出せる”フィリピン人に感銘を受け、また、フェアトレードの考え方を知り、将来はフィリピンと日本をつなぎ、「フェアトレードをビジネスとして成功させる」という目標を持つ。卒業後、商社の貿易部門で働いた後、青年海外協力隊でフィリピンへ。
2012年10月帰国後「オーガニック×無添加×フェアトレード」にこだわったフェアトレードブランドGirls, be Ambitiousを設立。

前回は、青年海外協力隊でのできごとについて伺いました。今回は、そこからフェアトレードでの起業に繋がったきっかけについて伺いたいと思います。

これまでの “フェアトレード”は理想はあってもビジネスとして続く仕組みではありませんでした。

その問題に着目をして誰もがよろこび、ずっと続いていくあたらしいビジネスの仕組み作ることにチャレンジします。

フェアトレードに着目した理由

ー現地採用の仕事ではなく、青年海外協力隊にチャレンジしたきっかけが「フィリピンとフェアなものづくりがしたい」とのことでしたが、フェアなものづくりがしたいと思ったきっかけはどんなことだったのでしょうか。ー

(山田)フェアトレードについては、青年海外協力隊でフィリピンに行った際には、大学時代に学んだ時の知識を持っていました。

それは「フィリピンが抱える社会問題を解決するために、フェアトレードのものづくりが不可欠!」という考えで、フェアトレードのものづくりに関わりたいと思っていました。

しかし、実際にフェアトレードNPOで活動してわかったのは、現状のフェアトレードの中には、“アンフェア”があって、誰かのために誰かが我慢したり、負担を強いられる状況があるということです。

ビジネスとして成立できない現実

具体的には、フェアトレードNPOの目的が生産者から商品を買い取るシステムになっていました。そのため、売り上げがなくても商品を買い取るのですが、NPOのスタッフは売り上げが立たないので、お給料が賄えない・・という状況でした。

また、売上利益ではなく寄付金で事業を継続させている現状もありました。

そもそもの考え方として、「商品を売った利益で事業を継続させる」というビジネスの基本が欠如してたのです。
そのフェアトレードの現実に、正直がっかりしました。

既存の仕組みから脱却し、あたらしいものづくりを

でも同時に、フェアトレードだから顔の見える商品、作り手の想いが届く商品も作れるという、フェアトレードのポテンシャルも見えてきました。

今までの“フェアトレード”の仕組みから脱却し、当たり前に「商品を販売して利益を上げる」というビジネスの仕組みの中で、「生産者と消費者をフェアにつなぐフェアトレードのものづくりをしたい!」という目標に変わっていきました。

Girls, be Ambitiousでは、あえて「商品にかかわる全てに“フェア”なフェアトレード」と言っているのは、この時の理想と現実のギャップを変えていきたいという想いから来ています。

家族や友人が応援してくれた

ー実際に、フェアトレードでのビジネス立ち上げることで、周りや現地の人たちはどのような反応がありましたかー

(山田))家族は、「やっぱりか。」という感じの反応で、特に反対されることはありませんでした。

でも、フェアトレードという考えや、フィリピンがどんなところか、最初は全然想像できなかったようです。

特に母はフェアトレードの勉強会やフェアトレードショップに通ったり、フィリピンに来てくれたりして、私がどんな想いで企業したのかを一生懸命知ろうとしてくれました。

今では、フェアトレード商品、Girls, be Ambitiousの商品を積極的に買ってくれていて、お得意様でもあります(笑)

母がフィリピンに来てくれた時の写真です。
思ったより都会だったことと、フィリピン人がとても温かく迎えてくれたので、フィリピンを満喫出来たと言っていました。

友人たちも、皆んな応援してくれていて、会えなくてもフェイスブックなどで近況を知ってくれて、何かあれば応援も励ましもしてくれています。

モリンガやココナッツオイルがテレビなどに出た時は、私がテレビを見ない事を知っているので、テレビの画像を送ってくれたりして・・みんなに支えてもらっています。

事業を立ち上げてから、それまで以上に家族、友人、周りの方々の優しさと支えを常々感じています。

モリンガとの出会い

ーなぜ、モリンガに着目をしたのでしょうか。ー

(山田) モリンガを知ったのは、青年海外協力隊の活動後半に、田舎の町医者がモリンガを薬代わりに処方していたのを見たのがきっかけです。

風邪の時は葉を煮出してお茶で飲んだり、感染症の時は、生の葉をすりつぶして汁を飲んだり、という具合に、色んな病気の人にモリンガを勧めていたんです。
それから、ちょうど私の配属されていた団体でもモリンガパウダーを製品化し始めたので、それから毎日食べるようになりました。

着目した理由

モリンガを食べ始めてから、商品価値がとても高い事が分かり、「これこそ日本の方に広めなければいけない商品だっ!!」と思ったのです。

理由は沢山あるのですが、主には2つあります。

① 健康効果を体感した

モリンガには90種類以上の栄養成分が入っていると聞いていたので、どんな効果があるか、とても興味がありました。

そしたら、モリンガを食べ始めた翌日から、私の体調の変化があり、これは本当に健康に良い物として、紹介できる自信がありました。

まず、モリンガを食べ始めて、翌日から明らかにお通じが改善しました。

そして、1ヶ月位すると、生理周期に関係なくニキビができなくなって、少しずつ体重が落ちていきました。デトックス効果のあるカリウムなどが豊富なので、腸内環境がよくなったのだと思います。

そして6ヶ月位経った時、35度台だった基礎体温が、36度台に上がっていて、風邪を引きにくくなったり、生理痛が軽くなったりして、私たちの健康のベースをしっかりと上げてくれる植物なのだと、私の体で実体験する事ができました。

② 環境を守り、次の世代の健康も守ってくれる

モリンガの栄養成分について調べ始めた時、モリンガの木の二酸化炭素の吸収率が普通の木の20倍もある事がわかりました。

同時に、フィリピンでは気候変動の影響が目に見えて起こり、台風の巨大化や異常気象などで、作物への影響や人の基本的な安全が崩れはじめていました。

そんな環境の変化を実体験していたので、健康に良い食べ物を日頃食べていていたとしても、地球環境が悪化してしまったら、私たちの本当の健康は守られないし、まして私たちの子供の世代、次の世代に健康をつないであげる事ができない・・・

そんな想いを持っていたので、モリンガが環境保全もしてくると聞いた時に、本当の意味で私たちの健康を守ってくれる植物なのだとわかり、「これこそ本当の健康食品・スーパーフードとして、日本や世界に広げないといけない素材だ!」と強く思ったのでした。

このモリンガの特徴に加えて、フィリピンでは無農薬で比較的手間がかからず栽培する事ができます。
そのため、フェアトレードで栽培する事で、生産者も消費者も環境もみんながハッピーになれる「商品に関わるすべてに”フェア”なフェアトレード」が作れるのです。

このような理由でモリンガを販売する事に決めました。

(つづく)

フィリピニストへの質問

フィリピンのおすすめスポット
バンタヤン島:のんびり命を洗濯ができる場所です。
好きな週末の過ごし方
緑の見えるカフェで、ゆっくり新しい計画や今までの振り返りをして、頭をリセットすること。
バッグに必ず入っているもの
携帯、ノート(A5サイズの方眼紙)、財布
好きな言葉
Where there is a will there is a way. 
今の仕事をしておいてよかったと思う時
”フィリピンってそんな国なんですね!””モリンガ・ココナッツオイルってそんなにすごいんですね”と皆さんに新しい発見を提供できた時、嬉しいなって思います。
フィリピンの好きな食べ物
ピナクベット(夏野菜と豚肉の炒め物)
おすすめのお土産
ポルボロン(フィリピン風のらくがん)
*********************
 

この記事を書いた人

小野里 寛子(おのざと ひろこ)

2012年、英語ゼロからフィリピン留学に挑戦して英語コンプレックスを克服。セブ島に1年半滞在しながら、世界の語学学校を視察し、フィリピン留学の実力を確信。留学をきっかけに人生を切り拓いた感動を元に、留学エージェント イングリッシュバードを設立。世界へ羽ばたく力が付けられるフィリピン留学の魅力や可能性を多くの方に知っていただけるように活動しています。   Instagram      English Bird        “女性目線”のセブ&マルタ留学情報