2017年年末人気旅行先トレンド

もう2017年も残すところあと20日。

世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンが発表した、
人気旅行先トレンドはこちら!

出典

No. 1 バンコク(タイ)

昨年の3位から1位へ!
女子旅や食べ歩きの旅など、様々な楽しみ方ができる
バンコクは、性別や年齢関係なく人気のようです。

No. 2 台北

昨年の1位から2位にダウン。
昔からの人気旅行先ですが、最近のトレンドである
東南アジア人気で、注目度が少し下がってきているようです。

No. 3 マニラ(フィリピン)

昨年10位だったマニラが、今年は3位と大躍進!
東南アジアへの旅行ブームの中、人気急上昇しているマニラの魅力は
何なのでしょうか?

私なりに、理由を考えてみました。

日本から近い!

マニラはフィリピンの首都で、福岡空港から3時間半、大阪から4時間と、
東南アジアでも日本から一番近い東南アジアの都市です。
さらに、フィリピンエアラインやセブパシフィックが、
各国際空港から直行便を就航しており、LCCであれば、往復2万円代〜と
国内航空券より安く、近場で安くいける東南アジアの都市として、人気が高まっているのでは
ないでしょうか。

ビーチリゾートに即アクセス

マニラから、世界有数のビーチリゾート、
セブ、ボラカイ、パラワンなどに直行便の飛行機が
多数就航しており、片道5千円・1時間位で、
ビーチリゾート地にすぐアクセスできます。

リゾート地では、
ビーチサイドでのんびりするもよし、

アイランドホッピングで、シュノーケリングやダイビングを

楽しむこともできます。

ビーチリゾートへのアクセスの良さも、マニラの魅力の一つです。

ダイビングのライセンスを取るなら、オーシャンビュー

オーシャンビューは九州最大級のダイビングセンター。

手厚いカスタマーサービスと22年間無事故&PADI5(ファイブ)スターの

ダイビングショップです。

この記事を書いた人
山田麻樹(やまだまき)
Discovery Philippines Creative Director & 編集長 / Girls, be Ambitious代表
2004年、初めて行ったフィリピンで、その自然の豊かさと人の温かさに感銘を受け、それから13年間、ボランティア、観光、青年海外協力隊など様々な方法でフィリピンに関わり、2012年に本当のフィリピンを伝えるため、Girls, be Ambitiousを設立。ホリスティックビューティーの観点から見る、ナチュラルビューティー大国としてのフィリピンを広める活動を展開
Instagram     beautyコラム     Girls, be Ambitious